オリジナルTシャツの作り方

オリジナルTシャツやトートバッグの作り方は、パソコン、インクジェットプリンター、アイロンがあれば簡単にできます。

アイロンプリントの素材をパソコン、インクジェットプリンターで作ってオリジナルTシャツを作ろうというものです。

まず、自分で撮ったペットの写真でもいいです、素材を用意します。

そして、それをアイロンプリント用の専用の紙にプリントアウトします。このとき、素材を反転させておきます。こうすることで見た目と同じものができあがります。

これをあて布をしてアイロンをかければ完成です。はじめは白いTシャツにプリントするといいでしょう。

黒いTシャツだと透けてしまうからです。

体型を考えたTシャツ作成

Tシャツを取り入れたスタイルというのは時にはありきたりに感じるかもしれません。
でも、扱いや着こなしが簡単なのでつい着てしまうという事もあります。

今シーズンではなく、何年も前に買った物であれば、
新しいTシャツを作成したり買い換えるとまたフレッシュな着こなしができるかもしれませんね。

ネックレスなどを取り入れると、また違ったイメージになります。ベルトを追加したりするのもいいかもしれません。足を長く見せたいのであれば、丈が短い物を選ぶといいかもしれませんね。
ボトムをしっかりと見せる事ができます。

逆に丈の長い物を選んであげると、体型を隠す事もできます。
いつもフレッシュに見える様に工夫したいですね。

個人で行うTシャツ作成

学校の部活動や、法人などがTシャツ作成を行う事が多いかと思いますが、オリジナルTシャツ作成はこの様な団体だけではなく個人で楽しむ事もできます。

というのもオリジナルTシャツ作成は、一枚から対応してくれる会社が多いので、ちょっとTシャツ作成をやってみたいという気軽な気持ちで始める事ができます。

素敵なデザインのTシャツ作成ができれば、満足感が得られる事でしょう。お出かけする際に着て、友人などに自慢したくなる事もあるかと思います。どんなデザインにしようかと考えていると、ワクワクしますね。手元に完成した商品が届くのが待ち遠しいですね。特に目的などがなくても、どんどん利用していい作品に仕上げたいですね。

オリジナルTシャツを一枚から制作

一般的にオリジナルTシャツは、たくさん注文しないとダメかと思われているかもしれません。
実は、一枚からでもオリジナルTシャツを制作出来ます。

一枚からオリジナルTシャツを制作するのにおすすめなのが、フルカラープリントも大丈夫なインクジェットによるシート転写がぴったりです。これは、フルカラーや写真などをデザインしたシートを制作し、それを熱でシャツの生地にプレスするプリント方法です。

イラストの版代もいらず、インクの調合もいらないので、手間もかからず、コストも削減出来ます。洗濯をしてもプリントの柄が落ちることもないです。

一枚からオリジナルTシャツ制作したい方には、お勧めな方法です。

ゆがみと遠近両用メガネについて

従来の遠近両用メガネを使用していると、ゆがみが出る事もあったそうです。

しかし、今では視界にゆがみが出ない様に遠近両用メガネ自体が改良されている事も多いので、自然な見え方となる事もあります。細かい物を見る時に、遠近両用メガネでゆがみが発生してしまうと見えにくさにつながる事もあると思いますので、ゆがみが少ないというのは大きなプラス要因と言えそうですね。

遠近両用メガネを購入するまでにトライしてみると、ゆがみについて把握できる事もあるかと思います。

遠近両用メガネをかけたまま歩いたり、周囲を見渡してみるといいかもしれませんね。
不便なく使い勝手がいいと思うレンズにしたいですね。

1 2 3